アフターピルとは、コンドームを付け忘れたり、コンドームが破れたり・・・など、何らかの事情で避妊に失敗したり、妊娠したくないセックスをしたときに、妊娠を避けるために飲む緊急避妊薬のことを言います。性行為後、3日以内(72時間以内)に服用することで、妊娠を避けることができます。そして、早く飲めば飲むほど、効果があります。
この薬は性行為後にどのタイミングで飲むかでその後の避妊成功率が変わってきます。

ご存知かもしれませんが、そもそも妊娠は、排卵→受精→受精卵の着床という3段階を経て、成り立つものです。アフターピルは、排卵と受精卵の着床の両方を阻害するので、セックス後でも効果があります。ですから、受精したとしても、その後の受精卵の着床を抑制するので、避妊できるのです。

ただ、受精卵が着床してしまうと、効果がなくなりますので、早めに服用することが必須です。また、低用量ピルより、避妊率は劣ります。その確率は、セックス後12時間以内に服用していると90%ほどで、72時間以内は70%ほどというように、時間の経過とともに、避妊成功率が下がっていきます。早め早めの対応が肝心となります。

アフターピルを飲めば絶対安心ではないので、早めに飲むことが重要です。

また、アフターピルを服用することで、排卵が遅れ、その後のセックスで妊娠してしまうことがあります。アフターピルが効いたかどうかについて、服用後すぐはわかりません。月経が来て、その時にわかります。生理が1週間以上遅れている場合は、婦人科を受診するか、妊娠検査薬で確認してみてください。

アフターピルの副作用としては、一時的に気持ちが悪くなったり、吐き気をもよおすなどの症状があります。これは、24時間後にはなくなります。

では、ラブグラとアフターピルとの併用はどうかと言うと、低用量ピル同様、問題ありません。と言うのは、アフターピルの成分は、低用量ピルのように、女性ホルモンが主成分だからです。

ですので、飲んではいけない方のタイプや、飲み合わせるのに注意が必要な医薬品も、低用量ピルとアフターピルは似ています。妊娠している方、高血圧の方、糖尿病の方、1日35本以上も吸うヘビースモーカーの方たちは、アフターピルを服用してはいけません。

アフターピルには、併用すると、相互に作用してしまい、効果が半減したり、もしくは問題が起きたりする薬があります。ペニシリン系やテトラサイクリン系(抗生物質)の薬、喘息を和らげる薬を常用している場合は、飲み合わせについて、医師に必ずご相談ください。また、他の薬と同様に、グレープフルーツやその果汁も含めて、一緒に飲み合わせないようにしてください。

これら飲み合わせに注意しなければならない薬が、ラブグラとアフターピルは全く異なります。つまり、相互作用されない医薬品同士になり、併用しても大丈夫ですが、同じような効果を期待できる薬だからと言って、飲み方や併用できるものが一緒と考えないでください。

ラブグラとアフターピルの併用は可能ですが、アフターピルの、そもそもの目的である避妊がきちんとできるように、セックス後妊娠が心配でしたら、すぐ飲むようにしてください。何事も早めな対応としっかりとした準備で飲むようにしてください。

避妊を忘れないよう注意する医師